[太陽の家] 第1回学生ボランティア・フェスティバルを開催

12月2日、学生ボランティア・フェスティバルを桑名市中央公民館にて開催いたしました。
学生が地域の課題を知り、地域に参加するキッカケになる、そんな場を目指して太陽の家の大学生スタッフと一緒に企画した
ものです。
第1回目の今回は、「子どもの貧困」がテーマ!ディスカッション、講演、ワーク、学生団体の活動発表と盛りだくさんのイベントでした。
 貧困問題はとてもデリケートで関わり方の難しい問題です。
また、「貧困」が日本で身近にあるなんて知らなかった、という学生も多くいました。
その貧困問題に学生たちが真正面から向き合い、ゲストのお話から学び、ボランティアの意義や果たす役割、自分たちができることは何かを語り合いました。

■学生たちの感想
20名の学生が参加した今回のボランティアフェスティバル。
以下、参加した学生の感想の一部をご紹介します。
「貧困が身近にあることも、それをなんとかしようとしてる人たちがいるのも初めて知りました」
「自分は海外の貧困問題にしか目が向いていなかった。国内でも見えないところで、大きな問題が切迫している状況を知らなかった」
「課題や国の制度にも向き合うことで少しずつ過ごしやすい社会へ向かっていくのではないか」
「貧困を当事者の自己責任で片付けてはいけない」
「自分自身、ボランティアとは何かを悩み考えている時期に、このイベントを通じて多くを学ぶ事ができた」
「ワークショップでの議論が楽しかった。もっとやりたかった」
「自分たちは微力ではあるが無力ではないという言葉が心に残りました」
「学生でもボランティアに積極的に参加し活躍している人たちがいることを知って刺激を受けた」

参加した学生たちは皆それぞれ何かを感じてくれていました。そして、みんなが口々に「楽しかった!」
「もっとみんなと話したかった!」と言ってくれたことが何よりも嬉しかったです。

一所懸命地域の課題に向き合い、自分たちにできる事を見出した学生ボランティアフェスティバル。
とても頼もしく、こんな素敵な若者たちと地域の未来を作っていけるなんて最高の気分です。大学のない街
桑名で、これだけ学生たちが集まって地域の未来を真剣に議論する姿に、社会人スタッフは感動しきりでした(笑)

■第二回は2月17日(土)
NTNシティホールにて開催
 次回は2月17日(土)に第二回学生ボランティアフェスティバルを開催いたします。この企画を継続し
て、学生たちと地域とを繋ぐ役割を果たしていきたいと思います。
参加の申し込みはホームページから。社会人の方も参加可能です。

NPO法人 太陽の家 URL: http://taiyounoie2015.com


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です