まずはやってみよう。そしてやり続けよう 田中保憲

まずはやってみよう。
そしてやり続けよう

前号のスタくわニュースでは、自分自身が前に進む姿を周りに見せることで、なかなか動き出せないでいる人達を勇気づけたいというお話をしました。今回は、私が前進するためにまず何をしたのかを書いていきたいと思います。
前職を辞めてからしばらくは引きこもり状態が続いていました。大体、夕方近くに起きるという駄目ニート状態でした。このままでは本当にダメになるという不安感が日増しに強くなっていきました。そこで、まずは朝日を浴びようと決めました。とにかく、午前中に起きて玄関から外にでようとしました。始めはうまくいきませんが、毎日「明日こそは」と思い続け、挑戦し続けていくと徐々に午前中に起きられるようになっていきました。
次にやり始めたのが、「歩く」ということです。運動不足のせいで、当時の私はかなり太っていました。減量のために運動しなければと思っていましたが、もともと引きこもりな人間が激しい運動などできるわけもなく、結局やれそうなことが「歩く」ということでした。この頃、朝起きるのも、やっと午前中に起きられると言う程度でしたので、この時の目標を「自宅から3km先のマクドナルドまで歩いて行って、朝マックを食べる」ということにしま
した。以前から朝マックには興味があったのですが、朝マックサービスは午前10時半までなので、遅くとも9時半に出なければ間に合いません。そうして、自分にアメとムチを与えながら、少しでも前進できるようにしました。
ちなみに、この目標を実践した結果、半年後には毎朝7時位には起きられるようになって、体重も12kg減量することが出来ました。何かをやり始める時に、「歩き始める」と表現することがありますが、私は実際に歩き始めて、現状を変えることが出来ました。
今回私がお伝えしたかったのは、「まずは、やれるところからやってみよう」ということと、「一度やり始めたら、続けてみよう」ということです。
自分へのハードルを下げて、やれることをやり続けると必ず何かしらの結果が伴います。やり続けるには、楽しくやれるようなことや気軽にやれるようなことを選ぶというのも大切ですね。
何かを始めてみたいと少しでも思われた方は、ぜひスタートアップくわなへ遊びに来てください。1人ではなかなかやり始められないことも、仲間の後押しでやり始められるかもしれませんよ。
中小企業診断士・3D経営コンサルタント
田中保憲

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です