太陽の家 桑名こども食堂

■太陽の家 桑名こども食堂

私たちNPO法人 太陽の家は「きみを、あなたを、ひとりにしない」を合言葉に、月に一度の子ども食堂を通じ、おいしい食事と楽しい居場所を子ども達に提供しています。このコラムでは私たちの取り組みや地域の抱える課題等をご紹介し、地域を知ってもらい、地域活動に関心を持っていただくことを目的として主に「子ども支援」「子育て支援」に関する情報を掲載させていただきます。

■子ども食堂ってどんなところ?

ここ数年「子ども食堂」が全国で大きな広がりを見せています。2012年頃
からその名称が使われ始め、今では全国数百カ所にも上るそうです。子ども食堂とは、大まかな定義では「無料もしくは低料金で子どもに食事を提供する活動」です。
子ども食堂というと貧困対策としての側面がメディアでは大きく取り上げられていますが、貧困家庭に制限せず誰でも参加できる、食事以外にも学習支援や居場所づくりの場としての役割も担う「子どや家庭の総合支援の場」として運営されている所も多くあり、多様な運営形態が出てきています。

■こどもの貧困、こころの貧困

現在日本では、「子どもの貧困率」が13.9%に達し、7人に1人が経済面
で困難を抱える状況に陥っています。これは桑名市においても例外ではありません。 同時に、子育て家庭の孤立化も深刻な問題となってきています。共働きで忙しく食事の用意ができない、子供とゆっくり接する時間を取れない。インスタント食品やコンビニ食品を一人で食べる子ども達、「孤食」が増えています。
地域からの孤立と経済面での困窮は物質的な面だけでなく、教育や心の成長においても子どもに影響を及ぼします。
ただお腹を満たせばいい、栄養を満たせばいい、それだけでは子どもたちには不十分なのです。

■きみを、あなたをひとりにしない

太陽の家「桑名こども食堂」では、ただお腹を満たすだけではなく、心も満たして欲しい。色んな人と触れ合って楽しい体験をたくさんして欲しい。そんな想いでこども食堂を運営しています。
楽しそうだな~と感じていただけたら、ぜひお子さんと一緒にこども食堂に参加してくださいね。また、ボランティアさんやご寄付も募集しております。私たちの活動にご興味お持ちいただけましたら是非ご支援ご協力ください。お問い合わせはホームページからお願いいたします。

NPO法人 太陽の家
http://taiyounoie2015.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です