3回「異分野に挑戦してみよう」田中保憲


3回「異分野に挑戦してみよう」
こんにちは。すたくわニュースのコラムも第3回目、いよいよ長期連載になりそうな予感がしてきました(笑)
さて、前回は「まずはやってみよう、
そしてやり続けよう」というテーマで、私が引きこもり状態から脱出した頃のことを書かせて頂きました。
今回は「異分野に挑戦してみよう」というテーマで、ただの技術者だった私が、経営や経済などの分野に進み始めた頃のことを書かせていただきます。
引きこもり状態から見事に脱出したのは良いのですが、今度はお金の心配が出てきました。前職を退職してしばらくは傷病手当や失業給付などでなんとかしのいでいたのですが、それも終わりが見え始め、今後は貯金が減る事が想定されました。なので、なんとか安心して暮らせるようにライフプランを立てて、生活の立て直しをする必要性を感じていました。
しかし、それまでの私は技術者としてただ軽量で頑丈な構造をいかに作るかしか考えておらず、生活のためのお金のことなど意識したこともありませんでした。だから、ライフプランなんてどうすれば良いのか全くわからず、同時に自分は世の中のことを何も知らないのだと気付かされました。そこで、色々と調べ始めたところ、ファイナンシャルプランナー(以下FPと略)という人生のお金にまつわる専門家の資格があることを知りました。これこそまさに自分の生活を立て直すのに必要なことだと思い、古本屋で資格試験のテキストを購入(お金がないから)して、朝マックを食べながら毎日勉強していました。
FPで使われる用語は初めて聞くことばかりで、始めはとっつきにくかったですが、次第に分かるようになってきて、勉強が楽しくなってきました。自分の知らないことを知るのはとても新鮮で、しかも、自分のこれからの生活が良くなるような気がしてきました。3ヶ月程度の勉強の末、おかげさまでFP技能士試験に合格しました。その時には、もっと色々とやってみたいという意欲が湧いてきました。
今回、私がお伝えしたかったことは、現状で煮詰まっている人は思い切って全く違う分野に挑戦してみると、意外とそこから突破口が見つかるかもしれないということです。とは言っても、なかなか異分野に挑戦するのはハードルが高いものです。そこで、まずはスタートアップくわなに来てみませんか?
ここには多種多様な人財が集まっています。きっと新しい自分の扉が開けると思いますよ。
3Dエンタープライズ代表
中小企業診断士
田中保憲

まずはやってみよう。そしてやり続けよう 田中保憲

まずはやってみよう。
そしてやり続けよう

前号のスタくわニュースでは、自分自身が前に進む姿を周りに見せることで、なかなか動き出せないでいる人達を勇気づけたいというお話をしました。今回は、私が前進するためにまず何をしたのかを書いていきたいと思います。
前職を辞めてからしばらくは引きこもり状態が続いていました。大体、夕方近くに起きるという駄目ニート状態でした。このままでは本当にダメになるという不安感が日増しに強くなっていきました。そこで、まずは朝日を浴びようと決めました。とにかく、午前中に起きて玄関から外にでようとしました。始めはうまくいきませんが、毎日「明日こそは」と思い続け、挑戦し続けていくと徐々に午前中に起きられるようになっていきました。
次にやり始めたのが、「歩く」ということです。運動不足のせいで、当時の私はかなり太っていました。減量のために運動しなければと思っていましたが、もともと引きこもりな人間が激しい運動などできるわけもなく、結局やれそうなことが「歩く」ということでした。この頃、朝起きるのも、やっと午前中に起きられると言う程度でしたので、この時の目標を「自宅から3km先のマクドナルドまで歩いて行って、朝マックを食べる」ということにしま
した。以前から朝マックには興味があったのですが、朝マックサービスは午前10時半までなので、遅くとも9時半に出なければ間に合いません。そうして、自分にアメとムチを与えながら、少しでも前進できるようにしました。
ちなみに、この目標を実践した結果、半年後には毎朝7時位には起きられるようになって、体重も12kg減量することが出来ました。何かをやり始める時に、「歩き始める」と表現することがありますが、私は実際に歩き始めて、現状を変えることが出来ました。
今回私がお伝えしたかったのは、「まずは、やれるところからやってみよう」ということと、「一度やり始めたら、続けてみよう」ということです。
自分へのハードルを下げて、やれることをやり続けると必ず何かしらの結果が伴います。やり続けるには、楽しくやれるようなことや気軽にやれるようなことを選ぶというのも大切ですね。
何かを始めてみたいと少しでも思われた方は、ぜひスタートアップくわなへ遊びに来てください。1人ではなかなかやり始められないことも、仲間の後押しでやり始められるかもしれませんよ。
中小企業診断士・3D経営コンサルタント
田中保憲

中小企業診断士の田中保憲です

はじめまして。
中小企業診断士の田中保憲です。
私は、四日市・桑名を中心に航空機産業を始めとする、技術・サービス系の経営コンサルティングや研修・セミナー講師、イベントの運営など幅広く活動させてもらってます。
いまでこそ、中小企業診断士という立派な肩書を背負って活動させていただいてますが、ほんの一年ほど前までは単なるフリーターでした。大学院を卒業して航空機の設計開発のお仕事に就かせていただきましたが、7年ほど勤めて退職してしまいました。
それからは、塾講師などのアルバイトをして過ごしていました。
退職した当時、周囲を見渡すと私と同じように、心になにかを抱えてしまって動き出せない人たちが沢山いることに気が付きました。はたから見ているとそれらの人たちはそんなに苦しむような状況じゃないんですよね(笑)。そこで、私は無責任にももっとこうすればいいのにとアドバイスをしていました。自分のことは棚に上げて(笑)。けど、当然の事ながら彼らはそんな言葉では動かないんですよね。だから、まずは自分が一歩を踏み出して動き出そうと決意しました。そうして動いてどんどんと進んでいく姿を見せることで、なかなか動き出せない人たちを勇気づけようと思ったのです。

とにかく「出来るできないではなく、やるかやらないか」「やるかどうか問われたら、必ずやると答える」「返事はイエスかハイ」と自分に言い聞かせて、小さなことからコツコツと一歩ずつ進み始めました。結果として、冒頭の中小企業診断士の資格や日商簿記、ファイナンシャルプランナー、英検2級、果てはスノーボードのインストラクター資格やフォークリフトの運転資格まで取ることが出来ました。いまでは、ここスタートアップくわなで様々なセミナーやイベントの開催に挑戦させてもらってます。これからも、七転八倒しながらもとにかく前に進み続ける姿を皆さんにお伝えしていきます。ぜひ、スタートアップくわなのセミナーに遊びに来てください。「この程度のやつでもなんとかできるんだ」とちょっとは安心してもらえると思いますよ(笑)。セミナーの詳細はスタートアップくわなのFacebookイベントページをご参照ください。